スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暁のヨナ

高華王国(こうかおうこく)の皇女ヨナは赤い癖っ毛と恋愛ぐらいしか悩みのない、気は強くとも温室育ちの無知でか弱い少女だった。優しい父王と、幼馴染かつ護衛のハク達に庇護されながら、従兄であるスウォンに恋をしていた。「暁の空の色です」とスウォンに髪を褒められただけで、ヨナは大嫌いだった髪の色を愛おしく感じられるようになっていた。
16 歳の誕生日に、スウォンへの恋に反対する父王を説得しに父の寝所を訪れたヨナが目にしたのは、刃を父王の血で赤く染めたスウォンと死した父王の姿であっ た。スウォンは王位簒奪のために以前から暗躍しており、最早城の中は敵ばかりであった。自らも命を狙われたヨナはハクに助けられ、彼に連れられて城の外へ と逃げた。ぬるま湯の中で生きてきたヨナにとって山中での逃亡生活は過酷を極め、突然の父王の死と最愛の男性の裏切りは堪え難く、虚ろな目で廃人のように なってしまった。
ハクの故郷である風牙の都(ふ うがのみやこ)に身を寄せたヨナは、人々の温かな振る舞いに活力を取り戻すとともに、ハクの育ての親である長老ムンドクに、王宮から追放された神官イクス を探すよう助言される。神の言葉を聞き、かつては国の政にも大きく関わったという神官ならば、これからヨナがどう生きるべきかを神託してくれるという。こ のまま逃げ続けるべきか、今も愛着を絶てないスウォンと立ち向かうべきか判断がつきかねるヨナはイクスを探しに旅立った。その中で王都からの追っ手にハク が殺されかけるのを見てヨナは奮い立ち、生まれて初めて剣を握り、守られるだけの立場に甘んじず自らも戦う覚悟を固めた。
やがてイクスを見つけ出したヨナは彼から神託を授けられた。建国神話に伝わる龍神の血を引き、それぞれが特殊な能力を持つという四人の戦士を集めた時「ついに赤き龍 暁より還り給う」という。その言葉の真意はわからないものの、「不条理なまま死ぬのは嫌」「神の力だろうと私は手に入れたい」と、ヨナは神託に賭け、四龍の戦士を探す旅に出ることとなった。

Wikipedia
TV アニメ公式サイト
暁のヨナ 動画
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://rakkii3.blog.fc2.com/tb.php/211-a669bee1

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。